「ほっ」と。キャンペーン

最近、家電量販店、などでLED液晶などから発生するブルーライトを寄せ付けないようにするフィルムが流行ってますがブルーライトとは一体何なのでしょうか?


by bziux811

目の疲れを軽減する方法

目の疲れを軽減する方法

パソコンの作業中はモニターやキーボード書類などを瞬時に目を動かしたり
反対にモニターを凝視し続ける事は良くないです。

パソコンの場合
モニターは視線が下がる位置に置くこと
椅子に深く腰掛け背筋を伸ばすこと
肘掛けのある椅子に腕などを直角に預ける
照明がモニターに写り込まない明るさで作業する
モニターの明るさは750ルクス以上にする
1時間作業したら10分ぐらい休む

スマホゲーム機の場合
モニターをなるべく目から話す
背筋を伸ばした良い状態で行う
長時間連続で使用しない
ブルーライトカットのスマフォフィルムもお勧めです

液晶テレビ
部屋は明るくする
2メートル以上離れてみる
長時間に続けない

お風呂などで目の周りをマッサージしたりホットパックやアイスパックをしたり
目をグルグル回したりしてストレッチをすると
血流が良くなるそうです


最近、パソコン操作をしていて肩こりや首のこり
腰が固まったといった感じがします。
これが、もしかしたらブルーライトによる影響かもしれないと思いました。

少しずつ意識して直そうと思いますが
原因が分かっているので、いちばん簡単なブルーライトカットスマホフィルムを購入してみたいと思います。


[PR]
# by bziux811 | 2014-02-01 10:22

ブルーライト 影響

ブルーライト(パソコンやスマホ)を見続けることによって心配されている症状
ブルーライト は網膜まで届くので目の不快症状があります。

モニターを注視しすぎることによって瞬きが減ると目が乾燥します
モニターをまぶしく感じ、目の痛み目の充血などが現れことがあります。

ブルーライト 睡眠障害
ブルーライトに長時間さらされていると交感神経が働きます。

私もよくあるんですが、夜寝る前にパソコンを見ていると寝つきが悪くなります。

目の疲れから来る不調
上記のように、目が疲れ寝つきが悪くなることによって
頭痛
肩こり、首こり
心身の疲労などにつながる可能性があります。

ブルーライトはエネルギーが強く網膜に届いてしまうためです。

パソコンなど使う作業のことを
VDT(ビジュアルディスプレイターミナル)作業と言いますが
この作業によって目の疲れや不調が現れることを
「VDT症候群」と言い
最近増えています。
中でもドライアイはよく知られています。


[PR]
# by bziux811 | 2014-01-31 10:20

ブルーライトについて調べてみました。
ブルーライトとは、発光ダイオード(LED)を使った
画面などから出る青い光のことです。

ブルーライトは紫外線の次にエネルギーが強いそうです。
例えば太陽を見ることができないくらい強いと感じると思いますが
その次に強いので刺激が強くなるそうです。

人の目に見える光(可視光線)は中で
ブルーライトはもっと-気が強いとされているんです。

最近の
パソコン
スマホ
ゲーム機
液晶テレビ

などのモニターは、バックライトに発光ダイオード(LED)
が使用されているので私たちの目は非常に酷使されているのです。

画面のちらつき
眩しさによる目の疲れ
長時間の光刺激による体内リズムの崩れ

などが指摘されています。




[PR]
# by bziux811 | 2014-01-30 10:19